気密測定(C値測定)

本日O様邸気密測定を行いました。

気密測定により建物のすき間がどの程度あるかを図ることが出来ます。

お住まいにとって気密性能の意味は
・計画している換気を計画通りさせることで快適な室内環境とし、気密が高いほど暖冷房の効率が良くなるため光熱費が抑えられる。
・断熱をしっかりきかせる。
・防湿フィルムをはることで湿気を壁の中に入りづらくすることでカビなどを防ぐ。
など快適な住宅を作るうえでとても重要です。
気密の性能はC値という数字で出ます。
O様邸の数字は1.1c㎡/㎡という結果でした。
(基準になる数値は東京の場合5.0c㎡/㎡となります)

より気密性を上げるには引違いの窓を一枚のガラスのものにしたり(横滑り窓など)などの設計と、合板と合板の間に気密テープを貼るなどのすき間をなくす施工の計画が影響します。

弊社では新築は全棟気密測定をおこないます。

 

 

O様邸の断熱工事を行いました。

弊社では天井の断熱材を吹き込む方法で施工します。

断熱材を抑えるためのメッシュシートをはり(ダウンライトの場所は合板でBOXをつくり気密を確保します)、

気密を高めるためのシートを気密テープでとめ(写真はまだ気密テープ一部未施工です)、

断熱材を吹き込みます。

今回は通常の屋根と天井の間に施工する方法の他に、上にバルコニーが載っている部分もあるため

耐震に影響のない範囲で合板に穴をあけ通気をとるなど内部の劣化をなるべく抑えるようにしています。

また、断熱材とダウンライトの干渉があるためその対策として

①ダウンライト風のシーリングライトで計画する。

②写真のように箱を作り干渉を防ぎテープで気密をとる。

などの方法を考えながら計画することが建物を長持ちさせるために大事なことです。

 

O様邸の断熱工事を行いました。

弊社では壁の間に断熱材を吹き込む工法を採用しております。
この工法ではコンセントボックスや筋交・構造金物などの複雑な形のものが壁の中に入ってもぎっしりと断熱材が入ります。
断熱材の種類は用途やコスト等でご提案させて頂きます。

ぎっしりと詰めた後は隙間から冬は冷たい空気が部屋に入らないように、また室内の温めた空気が漏れないように気密をきっちり取って施工完了となります。

夏は外壁や屋根からの太陽熱をさえぎるためにも大切な施工です。

またこの工事によってお引渡し後の光熱費や居心地におおきな影響を与える見えない部分のとっても大事な工程です。

そしてエアコンの選定もこの断熱材や窓の性能などによる計算をして適切な容量のものをお使いいただけるご提案をして省エネ・快適なお住まいにしていきます。(エアコンについてはまたブログでお伝えする予定です)

現場見学歓迎ですのでお問い合わせください!

Y様邸 上棟

Y様邸上棟をいたしました。

スケッチアップで日当たりを検討しながらのプランニングや登り梁によるすっきりとした吹抜けリビング等、Y様と一緒に考え計画させていただいた住宅です。

構造計算により耐震等級3、温熱等級4の計画となっています。

工事の進行に合わせて施工についてまたご紹介していきたいと思います。

Y様上棟おめでとうございます!

 

 

 

 

現場シート

弊社では今期より新しい現場シートをかけています。

ホームページ問合せから予約いただければ随時現場案内させて頂きます!

家つくりのメッセージとともにかかげています。

先日ご紹介したO様邸の防蟻処理を行いました。

現在の住宅は気密が高くなっていますので、使われる材料はなるべく体に無害なものを選択することが安心な住宅つくりの基本となります。

そのため、防蟻防腐処理に使用する材料はホウ酸(ボロンDEガード)を採用しています。

構造材(筋交・床合板・外壁面材・土台など)を丁寧に施工していきます。

 

外壁下地合板塗布状況です。小口にも塗布します。

浴室・玄関廻りは胴差まで施工致します。

土台・大引きの施工状況です。さや管まわりにもホウ酸入りシーリング材でガードです。

基礎の立ち上がり・コンクリート打設時の金物がある部分(シロアリ進入経路)にそれぞれ塗布・ホウ酸シーリング施工状況です。

 

ホウ酸の施工上の注意点である雨・水にあたらないよう十分な養生をして本日の施工は無事終了いたしました!

 

  • 1
  • 2
  • 6