月別: 2017年3月

現在進んでいる耐震現場日記です。

トイレの壁を解体しないでクロスを張ったままでアラテクト(LIXILの商品名)を取り付けています。重ねて貼ることで2.73mまで耐力壁としてとりつけることが出来ます。
既存のボードを解体しないので廃棄物を出さず、大工さんの手間を省くことができるのでエコでコスパの高い商品です。
壁が強くなるので柱が抜けてしまうのを防ぐ金物も計算によって取り付けることも大切です。

同じ現場ですがステンレスブレースの取付も同日に行いました。計算により耐震の壁の位置を決めますがコンセント・インタホンなど設備が取りついてる部分へ配線を交わして取り付けることが出来ます。

アラテクト・コボットどちらもチェックを終えてボードを張って仕上げていきます。