カテゴリー: 快適住宅

気密測定(C値測定)

本日O様邸気密測定を行いました。

気密測定により建物のすき間がどの程度あるかを図ることが出来ます。

お住まいにとって気密性能の意味は
・計画している換気を計画通りさせることで快適な室内環境とし、気密が高いほど暖冷房の効率が良くなるため光熱費が抑えられる。
・断熱をしっかりきかせる。
・防湿フィルムをはることで湿気を壁の中に入りづらくすることでカビなどを防ぐ。
など快適な住宅を作るうえでとても重要です。
気密の性能はC値という数字で出ます。
O様邸の数字は1.1c㎡/㎡という結果でした。
(基準になる数値は東京の場合5.0c㎡/㎡となります)

より気密性を上げるには引違いの窓を一枚のガラスのものにしたり(横滑り窓など)などの設計と、合板と合板の間に気密テープを貼るなどのすき間をなくす施工の計画が影響します。

弊社では新築は全棟気密測定をおこないます。

 

 

【LINE@はじめました!】

弊社建築士の佐藤がLINE@で情報発信していきます。

https://line.me/R/ti/p/%40zfp1958f

O様邸の断熱工事を行いました。

弊社では天井の断熱材を吹き込む方法で施工します。

断熱材を抑えるためのメッシュシートをはり(ダウンライトの場所は合板でBOXをつくり気密を確保します)、

気密を高めるためのシートを気密テープでとめ(写真はまだ気密テープ一部未施工です)、

断熱材を吹き込みます。

今回は通常の屋根と天井の間に施工する方法の他に、上にバルコニーが載っている部分もあるため

耐震に影響のない範囲で合板に穴をあけ通気をとるなど内部の劣化をなるべく抑えるようにしています。

また、断熱材とダウンライトの干渉があるためその対策として

①ダウンライト風のシーリングライトで計画する。

②写真のように箱を作り干渉を防ぎテープで気密をとる。

などの方法を考えながら計画することが建物を長持ちさせるために大事なことです。

 

O様邸の断熱工事を行いました。

弊社では壁の間に断熱材を吹き込む工法を採用しております。
この工法ではコンセントボックスや筋交・構造金物などの複雑な形のものが壁の中に入ってもぎっしりと断熱材が入ります。
断熱材の種類は用途やコスト等でご提案させて頂きます。

ぎっしりと詰めた後は隙間から冬は冷たい空気が部屋に入らないように、また室内の温めた空気が漏れないように気密をきっちり取って施工完了となります。

夏は外壁や屋根からの太陽熱をさえぎるためにも大切な施工です。

またこの工事によってお引渡し後の光熱費や居心地におおきな影響を与える見えない部分のとっても大事な工程です。

そしてエアコンの選定もこの断熱材や窓の性能などによる計算をして適切な容量のものをお使いいただけるご提案をして省エネ・快適なお住まいにしていきます。(エアコンについてはまたブログでお伝えする予定です)

現場見学歓迎ですのでお問い合わせください!

物の表面の温度を図るサーモカメラを弊社では建物調査等で活用しています。


先日の小屋裏(天井裏)の断熱工事の効果も写真のように一目瞭然で確認することが出来ます。

こちらが施工前の写真です。赤く見える部分が下の階の天井で暖房の熱が赤く映っています。赤く映るということはその部分から熱が逃げていることを表しています。

 

次に施工直後の写真です。ほぼ均一の温度の分布となり下の階の暖房・非暖房の区別がつきませんので断熱の効果を見ることが出来ます。(グラスウールは圧力によりホースで吹き込むため施工直後はグラスウール自体に熱があるため温度分布が少し高めに出ています。また、 屋根からの太陽熱も見ることが出来ますが、夏の太陽からの熱による暑さをこの断熱施工により和らげることが出来ます。)

この他にも水漏れ・太陽光パネルのチェック等様々な場面で活躍してくれるカメラです。

断熱改修現場から

先日ブログでご紹介した断熱改修の現場のご紹介です。

小屋裏(天井裏)へのグラスウール吹込み210mmです。

気流止めや気密シートの施工も現場にあったものを考えご提案させて頂きます。
冬の寒い時期に床下と天井裏との間に寒い空気の流れ(気流)が出来てしまいコンセントなどのすき間風や壁そのものの温度も低くしてしまいます。そのため気流止めは断熱の効果を上げるのに必要な工程となります。

弊社では(財)建築環境・省エネルギー機構発行による『既存住宅の省エネ改修ガイドライン』に掲載されている改修方法からお客様にあった施工方法・材料をご提案させていただいています。
また、間取りや建物の壁・天井・窓などの仕様から専用ソフトで効果のシミュレーションのご提案することもできますので、お気軽にご相談ください!

三日にわたり断熱改修工事を施工させていただきました。

もっとも多く時間を過ごされる居間・キッチンを中心に窓・天井・床の断熱補強となりました。

これまではアルミサッシの単板ガラス・天井と床共に無断熱でしたので内容といたしましては

①これまでサッシを利用してガラスの交換(真空ペアガラスのスペーシア)

②天井はグラスウール吹込み210㎜

③床はウレタン(アイシネン)90㎜の吹付け

という内容です。

施工後一日ですが効果を実感して頂いているといううれしいご感想を聞かせていただきました!

サーモや温湿度でのデータも計測させていただきましたので、またご紹介したいと思います!

  • 1
  • 2