お客様インタビュー

愛犬とともに暮らす家

江戸川区小岩にお住いのW様に、東商住建でリフォームをした感想をお聞きしました。

■リフォームをしたきっかけを教えてください。

今回リフォームをしたのは、私の両親が住んでいた木造住宅になります。長い間、使わないままになっていたので、きれいにリフォームをしてもう一度使いたいと思いました。うちには大型犬(シェパード)の愛犬もいるので、リフォームをしたことで「ペットにとっても居心地のいい場所になったらいいな」と考えていました。

床には、足裏の感触が柔らかく、お掃除しやすいクッションフロアにしました。ペットにも安心です。


■リフォームのときにこだわったところを教えてください。

ペットが過ごしやすいように壁を取り払って広く明るい空間と、明るいバスルームを希望しました。

東商住建さんが現場を見に来てくださったときには、築年数も経っていましたから、まずは「長持ちする家にすること」をお話してくださいました。耐震面で問題ないか? という、素人の私には分からない壁の内側のお話を丁寧にしてくださったと思います。

よく覚えているのは「気密性の高い家にしましょう」とおっしゃったことです。家の耐震補強をするのに壁を剥がしますから、せっかくなら気密性も高めて温かくて快適な家にしたいと私も思いました。

見えるところに関しては「この壁紙がいい」とか「こんな絵をかけたい」といったアイデアが湧きますが、見えない壁の内側のことはまったく分かりません(笑)。全面的に東商さんにお任せしました。

「モリス」の壁紙が素敵だったので2階の和室に選びました。両親が使っていた家具ともあっています。


■東商住建の対応力はいかがでしたか?

私が初めてお電話したのは4年前です。解体工事から始まって、耐震補強工事、断熱気密工事、内装リフォームと1年近くかけて、丁寧に進めていただきました。

一般的にリフォーム工事って工程を組んで進めていくと思っていましたが、ところが東商住建さんでは「壁の内側がどうなっているかわからないから、状況を見ていくつかの選択肢を出しながらゆっくりと進めて行きましょう」と提案してくれました。私にとって、すごく気が楽になる言葉でありがたかったです。

費用に関しては、「次世代省エネ建材支援事業」や「江戸川区木造住宅耐震設計・工事補助金」などの補助金も使いながら、できるだけ負担は少ないかたちでリフォームができたと思います。コストダウンのご相談のなかで「建具を最小限に減らしてみては?」というアドバイスも、専門家の視点として参考になりました。

1階はトイレと浴室につながる部分にのみ建具を設置。コストを抑えるとともに開放的な空間が完成しました。


■できあがってからの率直な感想をお願いいたします。

とても気に入っています。断熱工事をしっかりとやっていただいたので、床に座っても寒くないですし、日だまりが暖かくて気持ちいいなと思いました。犬と一緒にのんびりできます。隙間風もなく温かくて居心地がいいです。

明るく、開放的な家が出来上がり、家族はもちろんお友達も、居心地が良く、落ち着くと言ってくれます。

大きなサッシは、断熱効果の高い複合サッシを採用。エアコンの効率を高め、窓からの熱の出入りを抑えます。手前の木製の台は収納兼ベンチ。人も犬も使用可能。


■最後に東商住建に向けて、メッセージをお願いいたします!

このたびはありがとうございました。

実は、東商さんにお願いする前に別の住宅会社さんに問い合わせましたところ、「うちでできないこともないですが、ご近所の会社に依頼した方が何かと便利です。ここの会社は安心できそうです」と教えてくれたのが東商住建さんです。

その方がおっしゃるには、一級建築士がいること。そして建設業登録の番号が古く、長年営業を続けていることは信頼につながるとお話してくれました。プロが見てオススメしてくれたので、安心して私もお電話をかけました。

何かあったときにすぐ駆けつけて下さるという安心感があります。東商住建さんが近くで良かったです。

これからも少しずつ、家に手を加えていきたいと思いますので、長いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。

ダイニングテーブルは奥様が学生時代に考案したものを作成。二つ合わせて長方形になる可動式になっています。