パッシブハウス

厳しい条件を乗り越えた家だけが認定される、ドイツ発の世界最高レベルのエコハウス。

世界レベルのエコハウス

パッシブハウスとは?

パッシブハウスはドイツで生まれました。ドイツにあるパッシブハウス研究所で確立された省エネ基準をもとに作られ、「年間の冷暖房負荷」「気密性能」「住宅全体の一次エネルギー消費量」の3つの基準を満たしものがパッシブハウスと認定されます。それぞれの厳しい基準を満たしたパッシブハウスは、快適な家を作るだけはなく、健康を守り、そして地球にも優しく、生き方そのものをデザインし実現します。

高断熱と高気密

まるで魔法瓶のように、冬は暖気を逃さず、夏は冷気を逃しません。一年中快適な空間を作ることができます。

熱交換換気システム

空気いつも綺麗に保ちながら、熱だけを入れ替えることができます。吸気口から冷たい空気が入ることはありません。

高性能な複層窓

南向きの大きな窓は、冬は太陽熱を取り込む優秀な暖房がわりになります。そして北側の高いまどは、夏の熱気を逃します。

パッシブハウス認定の3つの条件

以下の厳しい条件をパッシブハウスは全て満たしています。

1. 冷暖房負荷

室内の快適な温湿度を保つため、冷房・暖房で必要とするエネルギー量。冷暖房負荷が各15kWh/m2以下であること。

2. 気密性能

密閉により、空気の流れや熱・水蒸気などの出入りを妨げる性能。気密性能として50Paの加圧時の漏気回数が0.6回以下であること。

3. 一次エネルギー消費量

電気やガスなど、住宅で消費するエネルギーを作り出すために必要なエネルギー(石油・石炭)を熱量で表したもの。一次エネルギー消費量(家電も含む)が120kWh/m2以下であること。

最上級のエコレベル

以下の図はパッシブハウスジャパンが公開しているもので、それぞれの企業の建ものがどのくらいの省エネレベルかを一つにまとめたものです。ご覧の通り、「パッシブハウス」に認定されるにはかなりレベルの高い基準をクリアしなければいけないのです。

お問い合わせ

パッシブハウスについてのご質問や資料請求など無料で承っております。気になることがあればなんでもお気軽にお問い合わせください。