住宅医による木造住宅・調査診断

住宅医とは?


住宅医は、既存の木造住宅の調査・診断・改修設計・施工・維持管理などに関するスペシャリストです。

一般社団法人住宅医協会では、各地で住宅医を育成する住宅医スクールを開催しています。さらに、住宅医スクールを修了し、かつ、優れた実務を行なっている建築士を住宅医として認定しています。

知識だけでなく、分析力・技術力・実践力を備えた住宅医は、既存住宅の長寿命化や有効活用が急務とされる我が国において、活躍が期待されている職能です。

住宅医による調査診断(既存ドック)


住宅医は、劣化診断や耐震診断だけでなく、温熱省エネ維持管理、バリアフリー、火災時の安全性等、既存住宅の性能を総合的に診断する性能工場診断を得意としています。(人間ドックに例えて、既存ドックと呼んでいます)

床下や小屋裏も含めて、建物の隅々まで詳細に調査する建物詳細調査は、各地の住宅医のネットワークにより、複数の住宅医やスクール修了生が集まり調査を行います。

診断結果についても、調査参加者による検討会を開催し住宅医の診断技術の向上に努めています。

性能向上診断(既存ドック)の流れ


調査診断の種類


※ 既存住宅インスペクション(調査診断)ガイドライン(国土交通省)に基づく分類

(注)費用は、既存住宅の規模や調査の内容、地域によって異なります

住宅医による性能向上診断(既存ドック) -建物詳細調査-


住宅医による性能向上診断 -6つの性能診断-