ホームブログ住宅エコハウス住宅のメリットと注意点とは?エコハウス住宅を詳しく解説

エコハウス住宅のメリットと注意点とは?エコハウス住宅を詳しく解説

この記事から学べるもの

6分
読み終えるまで

消費エネルギーを抑えてながら快適に過ごすことのできるエコハウス住宅。「環境に優しい住宅」というイメージだけを持たれがちなエコハウス住宅ですが、実際に住む人にとってどんなメリットがあるのでしょうか?。そこで今回は、エコハウス住宅に住むことのメリットについて徹底解説していきます。また、エコハウス住宅を建てるにあたって知りたいエコハウス住宅の注意点や費用を抑える方法も説明していきます。

エコハウス住宅に住むメリット

エコハウス住宅は環境に優しいだけではありません。住む人が快適に過ごせるような工夫が施されています。ここではエコハウス住宅の主なメリットを3つ紹介します。

エコハウス住宅に住むメリット

温度差の少ない快適な暮らし

エコハウス住宅は窓や扉、壁や天井に断熱材が使用されているため、断熱性と気密性に優れています。そのため、外の気温が住宅内の気温に与える影響が最小限に抑えられるので冬は暖かく、夏は涼しく感じるため一般的な住宅よりも快適に過ごせます。また各部屋ごとの温度差が少ないので体に悪影響をもたらす急激な血圧変動や結露の発生を抑えることができます。それだけではなく、断熱性や気密性の高い住宅は遮音性が高いのも特徴です。エコハウス住宅では静かで快適な空間でストレスフリーな生活が可能になります。

光熱費が安い

一つ目のメリットでもお話しした通り、エコハウス住宅では冬は暖かく、夏は涼しく感じられることができます。そのため冷暖房がなくても快適に過ごすことができ、電気代の大幅な削減につながります。また、太陽光や風、水などの自然エネルギーを利用した自家発電設備を設置することで、より光熱費を節約することができます。自分の家で使用する電力をまかなうことができるはもちろんのこと、自分の家で発電して使い切らなかった電力は電気会社に買い取ってもらうことができます。買い取ってもらった電力に応じて収入を得ることも可能です。

自然災害に対応

エコハウス住宅は住宅自体の性能が高いので災害時に極端に寒くなったり、暑くなったりすることがないです。また、自然エネルギーを利用した自家発電設備を設置することで、停電にも対応することができます。万能エネルギーと呼ばれる電気エネルギーは暖房だけではなくスマートフォンの充電や冷蔵庫にも使えるので、災害時の連絡手段確保や食糧不足にも役に立ちます。エコハウス住宅には高い耐震性能がついています。住宅自体がひどく損傷してしまって、エコハウス住宅の性能が働かなくなる心配も要りません。

耐震性能についてはこちらの記事をご覧ください。

エコハウス住宅が住む人に与える影響

エコハウス住宅が住む人に与える影響として、家の中での運動やコミュニケーションが多くなるのが挙げられます。各部屋が快適な温度に保たれているエコハウスは、住む人の体感温度が部屋ごとに変化することが少なくなります。温度差がなくなることで、寒い/暑いからずっと同じ部屋にいることがなくなり、家の中での移動が活発化されます。また、移動の活発化により部屋ごとの隔が少なくなるので、家の中でのコミュニケーションも増やすことができます。

エコハウス住宅が環境に与える影響

エコハウス住宅では建設の段階から住まい方、建替えまでのライフスタイル全体において、二酸化炭素削減に貢献できるように設計されています。日本の家庭部門の二酸化炭素排出量は年々増加傾向にあり、その数値は家電保有台数増加などの比例しています。この調査により、人々の住宅の選び方や住み方と二酸化炭素の増加につながりがあることは明確です。平成20年7月29日に閣議決定された2050年までに60~80%のCO2排出削減を目指す「低炭素社会づくり行動計画」を達成するためのも、住む人にも環境にも優しいエコハウス住宅の普及が鍵になります。

エコハウス住宅を建てる際の注意点

エコハウス住宅にはメリットがたくさんある一方で、建設する際、建設後で注意すべきポイントがいくつかあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

エコハウス住宅を建てる際の注意点

初期費用が高い

エコハウス住宅では省エネ性能の高い素材や工法を用いて作られるので、一般的な住宅に比べて建設や設備の設置などの初期費用が高くなることが多いです。しかし、エコハウス住宅をオール電化・太陽光パネルにすることによって光熱費が削減できます。エコハウス住宅を建てた後にかかる費用が節約できるので、初期投資に少しお金はかかるものの長期的なコストで見たらお得になります。

メンテナンス

エコハウス住宅は化学物質を使用せず、天然素材のみで施行されているので耐久性が低く、傷つきやすい特徴があります。そのため、定期的なメンテナンスが必要です。エコハウス住宅のメンテナンスには費用や時間は少しかかってしまいます。しかし、子供を外で遊ばせるようにするなど小さな工夫をすることによって、エコハウス住宅が傷つくことを未然に防ぐことができます。また、エコハウス住宅は住む人全員で作り上げていくものです。メンテナンスを家族みんなで行うことでお手入れの大切さを教える家族団らんの時間にすることができます。

エコハウス住宅の費用を抑える方法

エコハウス住宅建設にあたり初期費用は切っても切り離せない存在です。もちろん、その後のランニングコストを踏まえると最終的にかかる費用は安くなります。しかし、エコハウス住宅建設の段階で費用を抑えることができるのならばそれに越したことはありません。

ここでは、エコハウス住宅建設の際に使用できる補助金や減税制度、「住宅版エコポイント制度」について説明します。

エコハウス住宅の費用を抑える方法

エコハウス住宅の補助金・減税制度

エコハウス住宅には国や各地方自治体によって補助金を受け取ることができます。その内容はそれぞれ異なりますが太陽光発電や高効率給湯器、太陽熱利用システム、燃料電池システムなどに広くに渡って用意されています。またエコハウス住宅の種類によっては所得税や住宅ローンの減税制度もあります。これらの補助金・減税制度は既存の一般住宅をエコハウス住宅にするリフォーム工事にも適用することもあります。エコハウス住宅の設備は高額な物も多く、初期費用が高くなってしまうというのを注意点でも挙げましたが、新築で当てる際やリフォームの際に補助金・減税制度を利用することにより、コストが抑えることができます。

エコハウス住宅のポイント制度「住宅版エコポイント制度」

「住宅版エコポイント制度」と呼ばれる国が行っているエコハウス住宅のポイント制度もあります。これはエコハウス住宅の新築やリフォーム工事を行うとポイントが付与されるという仕組みです。貯まったポイントは商品券などと交換できる他、将来のリフォーム工事にのあてることができるのでエコハウス住宅に住むことでより一層、お得に生活することができます。

エコハウス住宅まとめ

いかがでしたでしょうか。住宅を建てる際に大切な三拍子である「快適な暮らし」「光熱費の削減」「自然災害にも対応」が揃っているエコハウス住宅。住む環境を整えることができれば、自然と運動や会話が生まれて体も心も豊かになります。初期費用が高くなることがエコハウス住宅の盲点でしたが、国や地方自治体の補助金・減税制度を上手く活用することでコストを抑えることが可能です。

エコハウス住宅とともに快適で地球環境にもやさしい生活を始めてみませんか?

無料の家づくり相談会

エコハウス住宅を建てるなら

東商住建ではエコハウスを取り扱っています。一級建築士による緻密な設計と経験豊富でレベルの高い大工による技術で、お客様の理想のマイホームを実現します。無料の相談会も行っており、お客様のプランニングもサポートさせてただきます。興味のある方はぜひご気軽にお問い合わせください。

エコハウス住宅の基礎知識について詳しく

以上、エコハウス住宅のメリットや注意点を中心に見ていきました。ではそもそもエコハウス住宅に定められている「4つの基本」とは何なのでしょうか。気になるエコハウスの基礎知識について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。