Kit House

トップレベルの断熱/耐震性能
そして、圧倒的なデザイン性
ハイクオリティを低価格で実現


東商住建の規格住宅

高性能 × 高品質 × 低価格 × デザイン性の高い規格住宅

ハイレベルな性能

圧倒的なデザインと豊富なラインナップ

豊富なラインナップから、自分のライフスタイルにあった好みのモデルをお選びいただけます。規格化された住宅から選ぶことで、完成後の生活イメージまで詳細にイメージすることができます。

未来パネル搭載

優れた断熱性能と高い耐震性能、そして利便性をも実現する「未来パネル」

耐震性

消防署や警察署等の防災拠点となる建物の耐震性である耐震等級3を標準装備しています。耐力壁(面材)告示2.5倍を採用。

※積雪地を除く。設計積雪100㎝以下(積雪単位荷重20N/cm/m3)、地震地域係数Z=1.0。

断熱性

HEAT20 G2 UA値 0.46という首都圏でトップレベルの断熱性能を備えています。快適で健康で経済的な生活を実現できます。

利便性

窓は内倒しと内開きができる暮らしに便利なツーアクション窓。ガラスは光断熱性を実現するトリプルガラス。さらに、網戸は着脱可能なので、お手入れも簡単。

ツーアクション窓を採用

春夏秋冬を快適にする、世界トップクラスの断熱性能です。「内倒し」と「内開き」と両方に対応しています。

内開きで掃除も簡単 内倒しで換気も安心

キットハウスはツーアクション窓を採用しています。

待望の松尾設計室限定モデル登場!

有名建築家集団の松尾設計室とのコラボレーション!!

「健康で快適な省エネ建築を経済的に実現する」ことをモットーで、高断熱住宅専門の注文住宅を建てている設計事務所。YouTubeでも多くの情報を発信しており、その人気度は住宅系YouTuberの中でもトップレベル。

おすすめのキットハウス

外構をデザインする

外構をデザインする

家づくりにおいて、外構は、外からみたときの第一印象を決める重要な要素。外構に自然を取り入れることで、景観を楽しめ、周りの環境との調和をもたらす大切な役割があります。また、外構はプライバシーや防犯性を高める機能も備わっています。 外構計画の必要性とメリット 建物の周辺環境をととのえる外構工事は、見た目を美しくするだけでなく、機能的に使いやすくすることができたり、安全性を高めたりすることができます。駐車、駐輪スペースを設けたり、玄関アプローチを設けたりすることで利便性が高まるので、家族構成やライフスタイルにあった外構計画を行うことが大切です。 メリットその1:住宅の価値を向上できる 照明や植栽など、建物の雰囲気にあった外構をデザインすることで、家を際立たせ、住宅そのものの価値を高めることがでます。また、周囲の環境や街並みにも貢献できます。 メリットその2:生活空間に豊かさをプラス 庭やテラス、ウッドデッキなどの屋外スペースとして有効活用することができます。家族や友人、近隣の方とのリラックスした時間を設ける場所として貢献できます。 メリットその3: 環境への配慮 エコフレンドリーな素材や植栽を使用し、適切な排水設備や緑化工事を行うことで、地域の環境保全に貢献することもできます。 メリットその4:家族や訪問者、建物自体を守る、安全性の確保 フェンスや門扉を取り付けたり、照明プランをととのえることで、安全性を向上させることができます。 外構計画をする上でのポイント 外構計画のメリットをおさえたら、計画をする上でのポイントをおさえましょう! ポイントその1:目的やニーズを明確にする 建物を彩る外構計画は、外観として見たときのバランスが大切です。外構工事の目的や希望する機能、デザイン、予算などを明確にしてプランを進めていきましょう。 ポイントその2:専門の業者探しを行い、敷地の特性や地域の規制、許認可などを確認する 外構工事には、プロにしっかりと判断してもらう点がいくつかあります。・土地の形状や地形、周囲の環境などを考慮した外構計画・建築基準法や地方自治体の条例などの法規制にそった許

詳しく見る
プロと一緒に後戻りしない片付けを。「らくちん片付けサービス」をスタートします

プロと一緒に後戻りしない片付けを。「らくちん片付けサービス」をスタートします

片づけが苦手。すぐに散らかってしまう。日々増えていくメモや書類をどう管理したらいい?必要なモノが必要な時に出てこない・・・。 誰もが頭を抱えることが多い、家の片づけ。理想的にお家の中をいつもスッキリさせることができている方は、そう多くはないでしょう。 “ライフオーガナイザー”という職業を知っていますか?  今回は、ライフオーガナイザーのご紹介をはじめ、また利用するメリットや、実際に利用した東商住建・佐藤のレポートなどもご紹介しながら詳しくお伝えしていきたいと思います。 弊社では、ライフオーガナイザーと一緒に片付けるサービスを始めましたので、ぜひ最後までご覧ください! オーダーメイドの片づけ法でわが家の整理整頓をサポートしてくれる、ライフオーガナイザーとは? よく似た職業である整理収納アドバイザーとライフオーガナイザー。 「家を片づけて、心地よく暮らす」という目指すゴールは同じですが、アプローチの方法に違いがあります。 整理収納アドバイザーは、まずモノに着目します。 モノを減らし、空間を整えることで、気持ちにゆとりを与えます。 ライフオーガナイザーは、まず人に着目します。 あなたってどんな人? 理想の暮らしって? たくさんコミュニケーションをとったうえで、どういう片づけ方がその人に合っているのかを一緒に話し合います。 「捨てる」ことや、「キレイな収納」ばかりにこだわらず、住む人自身が長く続けられる片づけ方法や配置の提案へと、つなげていくのです。 そして一緒に片づけを実践していきます。 住まう人の気持ちや考え方を一緒に整理して、それぞれに適した方法を見出すサポートをしてくれるのが、ライフオーガナイザーなのです。 東商住建・佐藤の自宅でも体験してみました!~ライフオーガナイザー利用レポート~ 東商住建株式会社代表取締役を務めさせていただいております佐藤と申します。 自社で手掛けるパッシブハウスのモデルハウスとするべく新居を建築中のところ、とあるイベントでライフオーガナイザーによる新築収納プランニングサービスを知りました。これまでの賃貸マンションから3階建ての一軒家へ

詳しく見る
【2/23(金・祝)、24(土)】江戸川パッシブハウス、完成見学会を開催いたします

【2/23(金・祝)、24(土)】江戸川パッシブハウス、完成見学会を開催いたします

かねてから、ブログでご案内してきました「江戸川パッシブハウス」がもうすぐ竣工いたします。 木造3階建ての狭小住宅で、4人家族のだんらんを提案したモデルハウスになります。 新しい工法として注目されている「大型パネル工法」を採用し、素材、性能、デザインのすべてにこだわってつくりました。 皆さまお誘いのうえ、ぜひ完成見学会にお越しください。 会場 東京都江戸川区瑞江(詳細はお申し込み時にお伝えいたします) 見どころ ●米国基準の「米国パッシブハウス研究所(PHIUS)」のプレ認証を取得!高断熱・高気密で快適な高性能な住宅設備 ● 換気・暖房・冷房除湿・空気清浄が一台にまとまった換気装置メーカー、ゼンダーの「コンフォホーム」を導入 ● 大きな地震に遭ってもダメージが少なく家族の命を守る耐震等級3(最高等級) ● ヨーロッパでスタンダードな「外づけブラインド」を採用 ● 気密性を保ちつつ上品なデザインを叶える木製サッシ 土地の購入がこれからという方、家づくりについてこれから勉強していきたい方もお気軽にお申し込みください。 各日6組様限定の完全予約制となりますので、安心してご参加ください。ご来場をお待ちしております。 お申し込みはこちらのページからお願いいたします。 https://tousho.com/edogawa-passive-house/

詳しく見る
江戸川パッシブハウス、パッシブハウスプレ認証を取得しました

江戸川パッシブハウス、パッシブハウスプレ認証を取得しました

2022年春から構想を立て、新築パッシブハウスの建設まで道のりをリアルタイムで発信している「パッシブハウス建設までの道のり」。 パッシブハウスとは「年間の冷暖房負荷」「気密性能」「住宅全体の一次エネルギー消費量」の3つの厳しい基準をクリアした住宅のみが認定されるドイツ発の世界最高レベルのエコハウスです。 この度、パッシブハウスの条件をクリアし、江戸川パッシブハウスが、パッシブハウスのプレ認証を取得しました! パッシブハウスには2種類あるのをご存じですか? パッシブ建築は、「パッシブハウス研究所」の認証を得て初めて「パッシブハウス」と名乗ることができます。ドイツのパッシブハウス研究所とアメリカのパッシブハウス研究所の2種類があります。 東商住建が手がける「江戸川パッシブハウス」は、アメリカで創立された「米国パッシブハウス研究所(PHIUS)」の認証を取得予定です。 パッシブハウスの歴史 パッシブハウスの歴史は、1970年代初頭にドイツで始まりました。 パッシブハウスの概念は、1970年代初頭に、ドイツの建築家ヴォルフガング·フェヒナーと彼の同僚で物理学者であるボ·アダーシュスによって提案されたのがはじまりです。この時期、エネルギー危機が意識され、エネルギーの節約が求められるようになりました。 パッシブハウスの概念が実際に建築に適用された最初の例は、1991年に完成したドイツのダルムシュタットにある「カテリーネンホーフ」と呼ばれる住宅です。この建物は、非常に低いエネルギー消費で快適な居住環境を提供することを示しました。 1996年にパッシブハウス研究所(Passive House Institute)が設立され、標準が公表されました。これは、住宅が非常に低いエネルギー消費を達成するための基準を定め、設計者や建築家に向けて指針を提供するものでした。 2000年代に入ると、パッシブハウスの概念は国際的に広まり、世界各地で多くのプロジェクトが展開されました。 2003年に「米国パッシブハウス研究所(PHIUS)」設立。 パッシブハウス概念をアメリカの気候条件に合わせて適用し、その

詳しく見る
前へ 次へ

無料で土地に合ったモデルがすぐわかる!

キットハウス紹介サービス

お客様の土地や現在ご検討中の土地の情報を教えていただければ、数あるラインナップから、その土地にあったおすすめのキットハウスをプロがご提案させていただけます。特に営業等はございませんので、お気軽にご相談ください。

カスタマイズ

東商住建のキットハウスは、お客様のご要望に合わせて、オプションプランを選択していただけます。

変更レベル1 (変更手数料: なし)

変更項目・部位     備考
プランの反転・回転
東西の反転、南から東向き等への回転等
外装仕上げ
外壁材: サイディング/銅板 ※防火指定に注意 (屋根材はアクセサリーシート内で)
外部健具 (開き勝手)
ツーアクション窓・テラスドア・勝手口・玄関ドアの開き勝手の変更
内部間仕切り壁
外部健具 (開き勝手)
内部健具
健具の追加・取り止め(アクセサリーシート内で) ※耐力壁に注意
基礎使用
凍結震度等に夜根切深さ・基礎形状
窓ガラス
ガラスの変更(透明ガラス←→型ガラス)

変更レベル2 (変更手数料: 要相談)

変更項目・部位 備考
柱や耐力壁の移動・取り止め
壁量やバランスにより、耐震等級3が確保できない場合あり
吹抜の縮小・取り止め
床荷重が変わる等により、耐震等級3が確保できない場合あり
建物荷重条件の変更
積雪荷重の変更・太陽光設備の設置等

変更レベル3 (変更手数料: 要相談)

変更項目・部位 備考
建物の拡大・縮小
1P(910mm)毎に限る
屋根勾配・屋根形状の変更
バルコニーの新設・拡張
窓の移動・追加・削除、窓サイズの変更
窓サイズなどの変更は、窓一覧表の中で選定。

変更できない部位・仕様

変更項目・部位     備考
構造・工法の変更
軸組金物+パネル工法、3.5寸柱・梁幅
半グリッドの採用
(出店商品として設定されている規格プランは除く)
階高の変更
2,800mm(母屋下がりプランの2階は2,730mm、全館空調搭載商品の1階は2,950mm)
階段位置・形状の変更
吹抜の新設・拡張
耐力壁仕様の変更
未来パネル及び内部耐力壁
断熱仕様・断熱工法、開口部
未来パネル及び未来パネル用窓、玄関ドア